人材を育てる、支える。AES 麻生教育サービス株式会社

MENU

ソーシャルメディア利用規定

麻生教育サービス > ソーシャルメディア利用規定
麻生教育サービス株式会社(以下「AES」という)は、AESソーシャルメディア公式アカウント(以下「公式アカウント」という)の運営に関して、以下の利用規定(以下、「本規定」という)を定めます。

1.利用目的

AESは、ユーザーに向けて情報を発信することを目的として、公式アカウントを利用します。「ユーザー」とは、公式アカウントの閲覧、利用を行った方を言います。

2.本規約の適用範囲

本規約は、公式アカウントの提供およびその利用に関し、AESおよびユーザーに適用されるものとします。

ユーザーは、公式アカウントの利用を持って、本規約に同意したものとみなされます。

3.免責事項

① AESは、公式アカウントが発信する情報の正確性、完全性を保証するものではありません。

② AESは、ユーザーにより投稿された公式アカウントに対するリプライ・ツイート・コメントなどにつきまして、一先責任を負いません。

③ AESは、公式アカウントに関連して、ユーザー間又はユーザーと第三者間でトラブルや紛争が発生した場合であっても、一切責任を負いません。

④ AESによる公式アカウントの運営は、予告なく終了する場合があります。

⑤ ユーザーからの投稿に対しては、必ず返信することを約束するものではありません。

4.ユーザーによる書き込みの削除など

以下の項目に該当する場合、予告なく削除またはアカウントのブロックなどを行う場合がありますので、あらかじめご了承ください。

  • 法律、法令、公序良俗に反する行為またはその恐れがあるもの
  • 政治活動、選挙活動、宗教活動を目的とするもの
  • 犯罪行為を目的とするもの、または犯罪行為に結びつく恐れのあるもの
  • わいせつな表現などを含む不適切なもの
  • 有害なコンピュータプログラムなど
  • 著作権、商標権、名誉など、AESまたは第三者の権利を侵害する恐れがあるもの
  • スパム行為、多重または反復投稿
  • なりすましにより情報を提供する行為
  • 第三者のプライバシーに関する事項を含むもの
  • 特定の個人、企業、物件または地域、国籍、人種、宗教などに対する誹謗中傷の恐れがあるもの
  • AESの業務または公式アカウントの運営を妨害する行為が含まれるもの
  • その他、AESが不適切と判断した情報およびこれらの内容を含むリンクなど

5.損害賠償

AESは、公式アカウントの利用に際し、発生したユーザーの損害について、いかなる責任も追わないものとします。AESは、ユーザーが本気約に違反してAESに損害を与えた場合、当該ユーザーに対し、損害賠償を請求できるものとします。また、ユーザーが公式アカウントの利用により、第三者に対して損害を与えた場合、当該ユーザーは、これを自己の責任と負担において賠償し、その他の解決をはかり、AESに一切の負担を負わせないものとします。

6.本規約の変更について

AESは、ユーザーの了解を得ることなく、本規約を変更することがあります。

7.裁判管轄について

本規約は、日本法に準拠し、本規約に伴う紛争が生じた場合は、福岡地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。